忍者ブログ
  学校図書館司書のつぶやきと活動記録
since '06.04.24
[146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136
 本日、なんとか6年生対象の「戦争について調べる本の紹介」を終えました。
 1限後の放課にようやく先生とお話ができました。で、本番は3限。
 試験直前の生徒のように、一夜漬けならぬ一時間漬けでシナリオを組み立てました(泣)。

 ・本をどう使うか(ポプラディア、目次、索引について)
 ・それぞれの本の特徴(クイズ方式の本、新聞タイプの編集、事典タイプの本など)
 ・コラムの紹介(動物も戦争へ など)
 ・歴史的な資料のほか、知っていて欲しい本の紹介
  「戦場の犬たち」「原爆の絵」「たった一発の爆弾がヒロシマ20万人、ナガサキ10万人が死んだ」「永井隆 平和を祈り愛に生きた医師」「日本にも戦争があった」
 ・今おきている戦争について
 ・パンフレット類の紹介

 これに先立って「本の歴史」についても話しました。
 トータルで40分弱でした。時間としてはまずまずですかね。

 「誰かに何かを伝えたい」 というのをテーマとして据えました。

 紙を発明して本という形にしていった工夫。それは伝えたい何かがあったから。1冊の本には伝えたい気持ちがつまっている。
 戦争の本も同じ。そんな想いを受け止めながら読んで欲しい、と締めくくりました。


(08.11.30追記)
 それにしても、難しいテーマですね、戦争って。
 私は司書ですから、戦争やそれについての考え方を言える立場ではないです。そこは先生にフォローしてもらう。
 なぜ? という疑問をもって調べて欲しい。
 先人たちが繰り返して欲しくない出来事として残しているであろうこれらの資料に、他人事だと思わずに、何を伝えようとしているのかという疑問をもって向き合って欲しい。
 ……というような気持ちで話したつもりなのですが、子どもたちの心にどう響いたかはわかりません。
 あ~ぁ。切ないデスねぇ。。。
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
JAXAクラブ
読書メーター
最近読んだ本
ブクログ
お天気情報
Copyright ©   天までとどけ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]