忍者ブログ
  学校図書館司書のつぶやきと活動記録
since '06.04.24
 来年、市内に子どものための施設が完成します。乳幼児から中学生くらいまでを対象とした施設で、絵本の読み聞かせスペースがあったり、職業体験コーナーがあったりするんです。
 そこに仕事関係の本を置くらしく、学校図書館司書たちにも仕事関係の本を紹介して欲しいとの要請がありました。

 嬉しいですねぇv そんなふうに頼ってくれるなんて。
 ま、市の職員の発案じゃなくて、立ち上げのための企画チームに入っているボラさん(今は臨時職員)の発案だそうですが。

 しかしそんなこと頼まれちゃったら、みな司書魂に火がついてがんばってしまいます。

 私も何冊か紹介させていただいたんですが、せっかくなので、ブログでみなさんにもご紹介いただけたら……と思います。

仕事
 調べ学習用の本ではなくて、小説など、物語になっているもの。
 読後、その仕事に興味を持ったり、いいなぁ、なりたいなぁと思わせるもの。

 ちなみに私が紹介したのが、
 「ぺんきや」梨木香歩、理論社
 「絵描き」いせひでこ、理論社 
 「ようこそ宇宙の研究室へ」布施哲治、くもん出版←ノンフィクションですが…
 です。 いいのかぁ~!? こんなんで??

 みなさんよろしくお願いします。
PR
 小学校1年生、国語。
 どうぶつの体の特徴や働きがわかるもの。図鑑ではなくておはなし口調のもの。

 そ、それは……絵本ってことでいいんですよね?
 福音館の「かがくのとも」みたいなやつ?

 どっちみち他校も同じような資料を集めているだろうから、公共図書館の4の棚に行っても恐らくほとんど無い。
 私としては、「薮内正幸」さんの絵本を片っ端から検索して、絵本の棚から抜き出すくらいしか思いつかない。

 どなたかご助言を~(泣)
 中学生向けで音楽小説を……とアドバイスをお願いしたら、市内の司書仲間を含めてWEB上でもたくさんのお答えをいただいた。

 ありがたいありがたい。 司書……特に学校図書館の司書は、連帯感が結構強いように感じる。同じ悩みを抱え、似たような対象年齢を抱えての仕事だからだろうか。

 本当にご協力ありがとうございました。これまでに集まった中学生向け音楽小説のタイトルを羅列します。ご参考にしてください。ご意見待ってます。


「星の歌を聞きながら」 ティム・ボウラー
「階段途中のビッグ・ノイズ」 越谷 オサム
「ビート・キッズ 全2巻」 風野 潮
「天国の本屋 恋火」 松久淳+田中渉
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」 森 絵都
「ピアニッシシモ」 梨屋 アリエ
「ぎぶそん」 伊藤 たかみ
「リズム」 森 絵都
「スイング・ガールズ」 矢口 史靖
「ダルシマーを弾く少年」 トア・セイドラー
「楽隊のうさぎ」 中沢 けい
「ウサギとトランペット」 中沢 けい
「パーフェクトコピー」 アンドレス・エシュバッハ
「息を聴け」 冨田 篤
「春のオルガン」 湯本 香樹美
「レモンドロップス」 石井 睦美
「たゆたいサニーディズ」 村崎 友
「いちご同盟」 三田 誠広
「ゴールデンハート」 ウルフ・スタルク
「樹上のゆりかご」 荻原 規子
「黒いバイオリン」 ウルフ・スタルク
「セロ弾きのゴーシュ」 宮沢 賢治
「四日間の奇蹟」 浅倉 卓弥
「狐笛のかなた」上橋 菜穂子
「海の上のピアニスト」アレッサンドロ・バリッコ
「金魚島にロックは流れる」かしわ哲
 来年度の面接も終わっていないのに、気の早いことだと思いつつ……。

 音楽の出てくる小説を探している。
 いまのところ、
 「アーモンド入りチョコレートのワルツ」
 「星の歌を聞きながら」
 「ビート・キッズ」
 「階段途中のビッグ・ノイズ」
 「天国の本屋 恋火」
 「楽隊のうさぎ」
 「パーフェクトコピー」
 「ピアノ調律師」
 中学生を対象としたいのだけど、目下探し中…。

 もしこの記事がお目に留まれば、どなたかアドバイスを……。
JAXAクラブ
読書メーター
最近読んだ本
ブクログ
お天気情報
Copyright ©   天までとどけ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]