忍者ブログ
  学校図書館司書のつぶやきと活動記録
since '06.04.24
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
 今日、なんとか伝記の紹介を終えることができました。
 最後の最後まで悩んだ紹介本のラインナップは以下のように。

『星の使者』ピーター・シス、徳間書店(ガリレオ・ガリレイ)
『環境教育の母 エレン・スワロウ・リチャーズ物語』住田和子訳、東京書籍
『雪の写真家 ベントレー』ジャクリーン・ブリッグズ・マーティン、BL出版
『松下幸之助 勇気のでることば』岡本文良、PHP研究所
『水木しげる のんのん人生』水木しげる、大和書房
『星になった少年 ぼくの夢はぞうの楽園』島田和子、汐文社

 紹介の前に、赤木かん子さんの「巻き物セット」を使って本の歴史を話しました。 伝えたいことがあったからいろんな工夫をして本という形になったんだね、と。
 その中でも伝記とは、伝えたいことを記した本なんだね、と。

 その後、今回の6冊を紹介しました。
 いわゆる伝記全集などにはあまり顔をみない面々。
 そこで、知っているだろう人や事柄に絡めて紹介していきました。
 例えば……
  「徳川家康」は知っている。→関ヶ原の戦いは1600年。→ガリレオが木星の衛星を発見したのが1610年。→『星の使者』へ ……という具合に。(つなぎとしてはちょっと苦しいんですが)

 木星の写真を見せた時が一番楽しかった……というのは私の正直な気持ち。。。
 この6冊以外にもたくさん持って行ったのですが、一番興味を示してくれたのが『水木しげる』だったような気がします。

 同じ人の違う出版社の伝記も読むようにすすめて終わりました。きっと違う発見があるよ、と。

 毎回こうした紹介をするたびに思います。もう一回やらせて~(ToT)
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
こんばんは!水木しげるさんの伝記もの、昨日読んだのですが面白かったのです。

環境教育の母 エレン・スワロウ・リチャーズ物語
雪の写真家 ベントレー
松下幸之助 勇気のでることば

も小中学生におすすめの本でしょうか?
ぽよよ 2009/01/15(Thu)18:12:32 編集
小学生向けです
★ぽよよ様
 お返事遅くなりました。読んでいただけているか不安デス。。。

 この伝記たちは小学校5年生に紹介した本なので、小学校高学年から読めると思います。
 「環境教育の母 ……」はちょっと字が小さめですが、ページ数が少なめなので、興味を持てば読めると思います。
 「雪の写真家ベントレー」は絵本です。版画チック(版画かも)な絵で、地味ですがわかりやすいです。
 「松下幸之助……」はちょっと古いので、絵も古い感じが否めませんが、小学生向けに書かれているので字も大きくて短いけれど、その生涯が名言とともにまとまっています。見た目が古いだけに、薦められないと読まないだろうなぁという本です。
 以上、ご参考まで。

 
天海 URL 2009/01/22(Thu)23:45:42 編集
JAXAクラブ
読書メーター
最近読んだ本
ブクログ
お天気情報
Copyright ©   天までとどけ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]