忍者ブログ
  学校図書館司書のつぶやきと活動記録
since '06.04.24
[163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153
 今週の金曜日に3年生で本の紹介をします。
 校内にある本で構成し、児童が貸出して家に持ち帰れるようにする予定。

 とはいうものの、小規模校なので予算があまりなく、たくさん本がないのが現実。市内で下からン番目の目標冊数校なのデス。。。
 しかし、そこは何とかしなくてはいけません。
 小規模校とはいえ、課題図書だった本は確実にあります。それを何冊も入れる予定。

 課題図書ってなぜこんなにおもしろくないの? と思うことが多々あります。 しかし最近思うのです。
 1冊の本となって世に出た物語。それにはやはり力があります。言葉の力です。
 その力は誰かの心を動かす力があると思うのです。大勢の人ではないかもしれないけど、たったひとりの誰かの心に響けばいいのではないでしょうか。
 例え司書である自分の心に響かなくても、誰かの心に届くのであれば、その物語を否定してはいけないような気がします。
 子どもたちは大人の影響を大きく受けて判断しています。大勢を相手にしている仕事だからこそ、気をつけていたいことです。

 ……ということで(この手しかないとも言いますが)、かつての課題図書を中心としておすすめトークをしてきたいと思います。
 さ、シナリオ作りますかv 
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
JAXAクラブ
読書メーター
最近読んだ本
ブクログ
お天気情報
Copyright ©   天までとどけ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]