忍者ブログ
  学校図書館司書のつぶやきと活動記録
since '06.04.24
[164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154
 昨日、3年生へおすすめ本のトークをしてきました。
 「サーカスのらいおん」関連だったので、人間と動物などとの交流を書いてある物を中心に30冊選び、その中から6冊紹介してきました。

 こんなラインナップで。
 『黒ねこのおきゃくさま』ルース・エインズワース、福音館書店
 『こひつじクロ』エリザベス・ショー、岩崎書店
 『ぼくのクジラ』キャサリン・スコウルズ、文研出版
 『かげまる』矢部美智代、毎日新聞社
 『魔女のたまご』マデライン・エドモンドソン、あかね書房
 『ナニカのたね』正道かほる、佼成出版社

 一番おもしろそうに反応がよかったのは『ナニカのたね』でした。
 やはり繰り返しの楽しさには、いくつになっても敏感ですね。

 今回はスケッチブックを持参しました。
 中にはいろいろと仕掛けが……。
  ①黒猫を折り紙で作って貼り付けました。その横にタイトルを書いて。
  ②羊飼いのおじいさんが編んでいた白いマフラーや帽子の絵を描きました。
  ③”打ち上げられる”という状態を説明しようと思い、海と砂浜の絵に折り紙で作ったクジラで実演。

 けっこうウケました。
 動物ものだけに使いましたが、残りの3冊にも何か考えてもよかったなぁと反省。
 黒板がない部屋だったり、比較的手軽に準備できるので、スケッチブックはおすすめですね。以前はテーマだけ書いて最初に見せたこともありました。

 本当は
 『きつねのでんわボックス』戸田和代、金の星社
 を紹介したかったんです。泣ける動物ものとして。
 しかし自宅で練習しているとき、やれないことがわかりました。
 泣けてきてしまって……。
 ということを、トーク終了後の実際手にとって見る時間に近くに来た子に話していたら、じゃあ借りてみる、と言って貸出手続きしてました。
 何がきっかけになるかは、ほんとうにわからないですね。
 一言一言を大切にしたいです。
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
JAXAクラブ
読書メーター
最近読んだ本
ブクログ
お天気情報
Copyright ©   天までとどけ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]