忍者ブログ
  学校図書館司書のつぶやきと活動記録
since '06.04.24
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
 中学での夏のミニ講座、第2弾は「本の歴史について」でした。

 実際に木簡や巻子本、折本、四つ綴じ本を見せながら、紙以前の口述から洞窟、パピルスなどのことをお話してきました。
 実物を見ると、中学生でも楽しそうでした。そりゃ反応は小学生のが格段に良いですが。

 「誰かに何かを伝えたい」
 この想いが人に文字を作らせ、紙を、本を発明させたのですよね。
 本には書いた人の「伝えたい」という気持ちが詰まっています。
 その気持ちを受け止めて、たくさんいろいろな本を読んでくださいね。

 という締めで講座を終わりました。

 ちょっとでも私の気持ちが伝わったのかなぁ。
 いや、それ以前にもっと話術を磨く必要があるのかも。
 それとも、ただの練習不足?
 反応が少ないってツライですね。トホホ。。。


PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
JAXAクラブ
読書メーター
最近読んだ本
ブクログ
お天気情報
Copyright ©   天までとどけ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]