忍者ブログ
  学校図書館司書のつぶやきと活動記録
since '06.04.24
[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
 ようやく「スカイ・クロラ」を観て来ました。

 まず原作に抱いていた私のイメージが、そのまま風景だったりセリフの間だったりしたのに驚きました。 原作付ストーリーの映像化の場合、イメージとのギャップ埋めから始まるのですが、今回はそのまますんなり入れました。
 原作が叙情詩のような、不思議な空気感があると思っていたので、絶妙な「間」がほんとに良かったと思いました。

(ここからはネタバレも含まれます。ご了承ください。)
 内容も原作とはラストが異なり、(原作と異なるところは人物設定など他にもあるのですが)それこそが、押井監督が「若い人たちに伝えたいこと」だったのではないかと思えました。

 草薙水素が函南優一に「私を撃って」と向き合うラストに近いシーン。
 原作も映画も優一は引きがねを引いてしまうのですが、その結果が異なります。
 直後の優一のセリフ「君は生きろ! 何かを変えられるまで!」と水素を抱きしめる、(←ものすごくネタバレなので、カーソルで選択処理すると浮かび上がるように文字色をかえています)というのが今回私の胸に一番響きました。

 そうそう。
 エンドロールが始まって席を立ってしまったあの人たちへ。。
 本当のラストがその後にありました。
 もったいないことをされましたね。。。
 これから観る方は、絶対館内が明るくなるまで席を立たないでくださいね。


PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
JAXAクラブ
読書メーター
最近読んだ本
ブクログ
お天気情報
Copyright ©   天までとどけ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]